FC2ブログ
>
オカトラノオ(丘虎の尾)
2009/06/27(Sat)
   きょうも晴れて気温がどんどん上がり、今年一番の暑さになりました(19.9~32.8℃)。
  林縁に沿って、オカトラノオ(ヤブコウジ科)が咲いていました。未だ6月の梅雨の最中だと言うのに、かっと照り付ける熱射の下、爽やかな純白の花序が微風に揺れていました。名の由来の虎の尾にも、お祭りの大御幣にも似ていますが、近寄れば一つ一つの花も清楚で美しく、花嫁達の髪飾りにしても良さそうな気がしました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の、山野の草原等に生育する多年草です。高さは50-100cmで、葉は茎に互生します。6-7月に、白い小花を茎先に総状に付け、下方から開花して行きます。名の「オカ」は、湿生地に生えるヌマトラノオと対比して付けたとも言われます。花と共に、秋の草紅葉も美しく、生花にも良く利用されています。青葉山では、林縁等のあちこちに普通に見られます・・・
オカトラノオ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニガイチゴ(苦苺) の実 | メイン | キンモンガ(金紋蛾) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/905-307d8bbc

| メイン |
ゆきかえる