FC2ブログ
>
シュレーゲルアオガエル(シュレーゲル青蛙)
2007/09/06(Thu)
きょうは嵐の前の静けさか、曇って一時小雨は落ちましたが、時折晴間もある穏やかな一日でした。
 森の青肌の木の幹に、シュレーゲルアオガエル(アオガエル科)が貼り付いていました。何をしているのか? 6㎝程もあるずんぐりした体で、雌の様です。触ろうとすると、跳んで叢に消えてしまいました。ニホンアマガエルやモリアオガエルに似ていますが、ニホンアマガエルとは鼓膜周辺に黒い斑紋がない事、モリアオガエルとは目が赤みを帯びない事で区別できます。繁殖期には「キリリ コロロ…」と美声で鳴き、水辺の岸に(モリアオガエルの様な)泡で包まれた卵塊を産卵し、孵化したオタマジャクシは雨で泡が溶けると水中へ流れ落ちます。名は、オランダのライデン自然史博物館館長だった独人動物学者ヘルマン・シュレーゲルに由来します・・・
シュレーゲル青蛙

スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セイタカイグチ(背高猪口) | メイン | ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/92-06121c6c

| メイン |
ゆきかえる