FC2ブログ
>
サジガンクビソウ(匙雁首草)
2009/07/24(Fri)
きょうも曇って、霧雨が降ったり止んだりでした。
  森の道端に、サジガンクビソウ(キク科)が咲いていました。と言っても、地味な花が下向きに付いているのですから、見過ごしてしまいそうですが、屈んで覗きこめば、名の通りの雁首そっくりで、しかも火まで点いていて、今にも紫煙が立ち上りそうでした。本州~九州の、山野の木陰等に生育する高さ25-50cmの多年草です。茎葉には軟毛密生し、茎は上部で良く分岐します。7-9月、茎先に黄色い頭花を下向きに咲かせます。名は、根生葉の形を匙に見立てたもの。青葉山では、林内のやや乾いた路傍等に普通に見られます・・・
  山のあちこちに咲き群れるヤマユリが、芳香を漂わせていました・・・
サジガンクビソウ ヤマユリ  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナミアゲハ(並揚羽) | メイン | アカヒゲドクガ(赤髭毒蛾)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/932-f202403b

| メイン |
ゆきかえる