FC2ブログ
>
アンズタケ(杏茸)
2007/09/08(Sat)
きょうは、台風一過の蒸暑い一日でした(二週間振りの真夏日32.8℃)。
 森のあちらこちらにアンズタケ(アンズタケ科)が生えていました。名の通り、色も香りも杏の実の様でしたよ。只、写真のものは典型的なアンズタケに比べると、色は赤橙色に近く香りも少なめでした。この種には変異が多く、判別が難しいのだそうです(黄色型アンズタケにも6~7種の変異があるのだとか)。又、アンズタケそっくりでヒダの不明瞭なものがアンズタケモドキ、小型のものがヒナアンズタケですが、それも変異が多く確かな事はまだまだ解っていない様ですね・・・
杏茸

明日(9/9(日))は、定例の観(視)察会です。キノコが中心の鑑定会になりますが、勿論自然全般の観察もします。又、色んな出会いがあるといいですね・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<九月観(視)察会 | メイン | セイタカイグチ(背高猪口)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/94-e2a43f56

| メイン |
ゆきかえる