fc2ブログ
>
コゲチャオニグモ(焦茶鬼蜘蛛)
2009/08/12(Wed)
きょうは、一日曇りでした(20.2~25.0℃)。
森の入口に、コゲチャオニグモ(コガネグモ科)がいました。暗い藪を背景に、赤茶のツィード地の鳥打帽の様な粋な姿が、網の真中で浮き立って見えました。本州~沖縄の山野に生息する、雌13mm雄8mm程のクモです。 5-10月に出現し、 樹幹に円網を張って昆虫を捕食し、朝には網を畳んで、昼間は木の枝等の陰でじっとしています。体色は赤褐~黒褐色で、色彩変異が多い様です。 腹背には毛が密生しているのも特徴です・・・
  ヒヨドリバナに、ミンミンゼミが止まっていましたが、写真を撮った途端に、飛んで行ってしまいました・・・
コゲチャオニグモ ヒヨドリバナとミンミンゼミ 
スポンサーサイト



この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカソ(赤麻) | メイン | ニセアシベニイグチ(偽足紅猪口)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/953-1e6b8ece

| メイン |
ゆきかえる