FC2ブログ
>
子持ちのサワガニ(沢蟹)
2009/08/27(Thu)
 きょうも良く晴れて、又少し暑くなりました。
 小湿地の隅っこに、サワガニ(サワガニ科)いました。じっとしているので良く良く見ると、腹に卵を抱えた雌でした。写真を撮ろうとすると、益々仁王立ちになって、「あっちに行け!それ以上近付いたら、許さないからね!」と、恐ろしい顔で私を睨みました。甲幅2-3cmのカニで、川の上~中流域に生息し、名の通り、水が綺麗な沢(渓流)等に多いので、水質階級Iの指標生物となっています。春~夏に交尾後、雌は径2mm程の卵を数十個産卵し、腹脚に抱えて保護します。卵は他の蟹に比して大粒で、数も多くありません。幼生は卵中で変態し、孵化時には既にカニの姿になっていて、その後暫くは母ガニの腹部で過ごします。冬季は沢近くの岩陰等で冬眠し、寿命は数-10年程と言われています。青葉山では、広瀬川に流れ出る、多くの沢等で見られます・・・
子持ちのサワガニ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コマツカサススキ(小松毬薄) | メイン | ナツアカネ(夏茜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/968-91351b6a

| メイン |
ゆきかえる