FC2ブログ
>
キツリフネ(黄釣船、黄吊舟)
2007/09/12(Wed)
昨夜から降っていた雨は午前中に止んで、午後は又晴れ上がりました。
 道端の湿地に、キツリフネ(ツリフネソウ科)が咲き群れていました。雨音に負けじと「金管楽器」が奏でられると、葉っぱに溜った真珠の雫が音符の様に跳ね踊りましたよ。形は、昨日紹介のツリフネソウそっくりですが、花は葉の下にあり、距の先は丸まらず垂れ下がります。名は、黄色い花を付けるツリフネソウの意で、日本の他、ユーラシア・北米大陸に広く分布し、ツリフネソウと比べてより北方・奥山に生育する傾向がある様ですね・・・・・・
黄吊舟

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キクイモ(菊芋) | メイン | ツリフネソウ(釣船草・吊舟草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/98-ca96c055

| メイン |
ゆきかえる