FC2ブログ
>
ネコハギ(猫萩)
2009/09/10(Thu)
  きょうも、良く晴れました。
  森の外れの土手に、ネコハギ(マメ科)が咲いていました。余りに小さくて、しかも草に埋もれているので気が付きませんでしたが、良く見れば、雪兎や貂の顔の様な愛らしさでした。本州~九州の他、朝鮮、中国等の草地、路傍等の日当たりの良い所に生育する多年草です。全体に軟毛が多く、茎は丈夫で基部近くで枝分かれして地面を這います。葉は3つの小葉からなり、頂小葉は長さ1-2cmで、両面に開出毛があり、特に裏面脈上と葉縁には密生します。8-9月、葉腋に7-8mmの、中心(旗弁の基部)に紅紫色の紋がある白い小花を数個付けます。名は、黄褐色の軟毛が密生している事から、同族のイヌハギに対してネコハギとなったといわれます。青葉山では、良く刈られる草地等に見られます・・・
  その近くのツルボには、コカマキリが止まっていました・・・
ネコハギ ツルボとコカマキリ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマハッカ(山薄荷) | メイン | メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/983-ca1488b2

| メイン |
ゆきかえる