FC2ブログ
>
ヤマハッカ(山薄荷)
2009/09/11(Fri)
 きょうは、晴れたり曇ったりでした。
 山道沿いに、ヤマハッカ(シソ科)が咲いていました。小さな花ですが、良く見ると、巻いた唇弁が尖った口の小動物にも見えて楽しくなりました。北海道~九州の山野の林縁等に生育する、高さ0.4-1mの多年草です。広卵形で長さ3-6cmの葉は対生し、鋸歯は粗く葉柄に翼があるのが特徴です。茎の稜には下向きの毛があります。9-10月、枝先の長い花穂に青紫色の唇形小花を数個ずつ数段に付けます。上唇は4裂して立ち上がり、濃い青紫色の線状の斑点があり、下唇は2裂して前方に突き出し、縁が内側に巻くのも特異点です。名は、山に生えるハッカに似た草の意ですが、普通薄荷臭はありません(稀にはある様です)。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
ヤマハッカ 初秋の小道  ‹←かーそる(矢印)を当てると説明が出ます›
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメジソ(姫紫蘇) | メイン | ネコハギ(猫萩)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/984-0903a854

| メイン |
ゆきかえる