FC2ブログ
>
ウド(独活)の花
2009/09/16(Wed)
  きょうは、大体晴れました。
  森の道端に、ウド(ウコギ科)の花が咲いていました。遠くからでは花とは見えませんが、イカリモンガや花蜂達が次々に訪れ、蜜がある事が分ります。近寄れば、淡緑色の5弁花から、雄蕊や花柱が花火の様に飛び出していました。朝鮮、中国等東アジアに広く分布し、日本では全国の山野に生育する高さ1-2mの多年草です。全体に毛が多く、葉は互生して長柄があり、2回羽状複葉で小葉は5-7枚付きます。8-9月に、茎上部や葉腋から淡緑色の小花を集めた総状花序を伸ばし、秋に直径3mm程の黒い液果を熟します。春先の若苗や若葉は香りが良く、山菜として利用され、根は独活(どっかつ)と呼ばれて、煎じて痛み止め等に用いられます。主に体力的に見かけ倒しの人を「ウドの大木」と言いますが、これは、ウドの茎は太くても、材として役に立たない事に因ります。青葉山では、沢沿いの崩壊地等に良く見られます・・・
  山道の藪には、キクイモが咲き群れていました・・・
ウドの花. キクイモと街
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タケリタケ(猛茸) | メイン | ハヤシノウマオイ(林馬追)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/989-a5fbc4af

| メイン |
ゆきかえる