FC2ブログ
>
アレチウリ(荒地瓜)
2009/09/18(Fri)
きょうは、曇り時々晴れでした。
 車道沿いのフェンスに、アレチウリ(ウリ科)が密生していました。良く見れば案外可憐な花も群れ咲いていて、スズメバチの仲間達がブンブン翅音を立てながら飛び回っていました。北米原産の帰化植物で(特定外来生物に指定)、青森以南の日本各地の山野に生育する蔓性の一年草です。葉は円心形で5-7裂し、茎葉は著しくざらつきます。8-9月、葉腋から花序を出し、黄白色の花を疎らに付けます。雄花序は10-15cm程で、雄花の雄蕊は一つに合着して雌蕊の様に見えます。雌花序は短くて雌花が頭状に集まります。機雷状の果実には鋭い棘が多数あります。何所でも嫌われ者ですが、窒素を吸収・除去する能力が高いとも言われている様です。当地では、車道沿い等で勢力圏を広げています・・・
 池端には、ミゾソバが咲いていました・・・
アレチウリの雌花 ミゾソバ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キイロスズメバチ(黄色雀蜂) | メイン | タケリタケ(猛茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/991-647459e4

| メイン |
ゆきかえる