FC2ブログ
>
ナンテンハギ(南天萩)
2009/09/20(Sun)
  きょうは、大体晴れました。  
  山道端の草叢に、ナンテンハギ(マメ科)が咲いていました。遠目には「地味な薄紫の萩」のイメージですが、まじまじ見れば、青、赤紫やコバルト、エメラルドまで諸色あって、花の「ノブドウ」の趣がありました。 北海道~九州の山野に生育する、高さ50-90cmの多年草です。葉は2枚の小葉からなる羽状複葉で、互生します。卵形の小葉は長さ4-7cmで、縁は全縁で毛があります。葉柄はやや短く、基部に鋸歯のある托葉があります。7-10月、葉脇から長さ2-4cmの総状花序を出し、紅紫色の蝶形花を多数付けます。別名は、葉が2枚ずつ対生するのでフタバハギ(二葉萩)、タニワタシ(谷渡し)とも言われます。若がは山菜となり、小豆の様な匂いがするのでアズキナとも呼ばれています。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・>
ナンテンハギ 青空の青葉山  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オケラ(朮) | メイン | キイロスズメバチ(黄色雀蜂)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/993-78771931

| メイン |
ゆきかえる