FC2ブログ
>
クサボタン(草牡丹)の花
2009/09/22(Tue)
   きょうは、晴れたり曇ったりでした。
   カールヘアーの少女達に逢おうと、クサボタン(キンポウゲ科)を見に森の外れの草原に出かけると、草がすっかり刈られていました。がっかりしていると、蕾を付けたまま打ち捨てられた草の間から、秋空を映した様な天色の花が3輪だけ顔を見せてくれました。北海道~本州の日の良く当たる草原や林縁に生育する、高さ1m程の多年草で、茎の下部は木質化します。雌雄異株。葉は対生し3出複葉で、牡丹の葉に似ているのが名の由来になっています。8-9月に、茎先や葉腋に集散状の花序を付け、細毛が密生する花弁状の萼片の先をそり返しながら下向きに開花します。青葉山では、明るい林縁、林内等の所々に見られます・・・
  暗い林下には、タマブキの花が咲いていました・・・
クサボタン タマブキ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハナタデ(花蓼) | メイン | オケラ(朮)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/997-a62f10c2

| メイン |
ゆきかえる