FC2ブログ
>
ハナタデ(花蓼)
2009/09/23(Wed)
きょうは、一日小雨が降ったり止んだりでした。
 森の草叢で、ハナタデ(タデ科)が咲いていました。時折舞い落ちる霧雨の下で、イヌタデに比べて柔らかそうな小花が、薄紅に染まりつつ楚々と濡れていました。北海道~九州の山野のやや湿った林内、路傍等に生育する、高さ30-60cmの1年草です。葉は互生し、先は尾状に尖り、浅緑の表面には毛があり、時に黒色の斑紋が現れます。葉の基部の鞘にも長毛があります。8-10月に、細長い花穂に疎らに花を付けます(イヌタデでは密)。長さ1.5-2mm程で淡紅色の花弁に見えるのは萼で、5枚に深裂します。只、葉幅や花序の長さ等に変化が多く、花色の濃淡にも変異があります。名は、花が梅花状に開く事に因り、別名のヤブタデは、竹林の影等にも多く見られる事に由来します。青葉山では、道端や草原等に普通に見られます・・・
ハナタデ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トノサマバッタ(殿様飛蝗) | メイン | クサボタン(草牡丹)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/998-495030b0

| メイン |
ゆきかえる