FC2ブログ
>
アシナガタケ(足長茸)
2018/12/07(Fri)
    きょうは、晴れ後曇りました(3.7~14.5℃/西風)。
    道沿いの林下に、アシナガタケ(キシメジ科)が生えていました。野兎の痕跡を辿っていると、思わずあちこちに、小さくて名通りに背高の、めんこい帽子が震えていました。夏~初冬、日本全国の他、北半球温帯域の、広葉樹林(特にブナ林)内の落葉、落枝、古い切株等に発生する小型キノコです。 帯褐灰色の傘、より淡色の長柄共に条線があり、柄部分のそれはやや捩れているのが特徴です。食毒不明だ。良く似たニオイアシナガタケは、ヨードホルム臭があります。青葉山ではこの時期、小楢等の林下に普通に見られます・・・
食毒不明だ 一瞬の輝き
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イヌタデ(犬蓼)
2018/12/06(Thu)
  きょうは、氷雨が降ったり止んだりでした(2.8~5.2℃/北北西風)。
   道端に、イヌタデ(タデ科)が咲いていました。枯れた叢や木立の下、瑞々しい蓼葉に赤飯が鮮やかで、良く見れば、花は少しで実が多く、中には虫瘤まであるのでした。朝鮮、中国、サハリン、クリル、ヒマラヤ等に分布し、日本では北海道~沖縄の、道端や草原等に普通に生育する、高さ20〜50cmの一年草です。茎は普通赤みを帯び、葉は互生し、広披針〜披針形で先は尖ります。托葉鞘は長さ7-8mmの筒形で、縁に長毛があります。6-11月、長さ1-5cmの花序を出し、紅く稀に白い小花を多数付けます。花被は長さ1.5-2mmで5深裂し、花後も残って痩果(3稜形で光沢ある黒)を包みます。花期は長く、何時でも花が咲いている様にも見えますが、花弁に見えるのは紅色の花被(蕚)で、蕾の時も花が咲き終わった後でも同じ様に見えます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
イヌタデ 山茶花
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サネカズラ(実葛)の果実
2018/12/05(Wed)
   きょうは、曇り後晴れました(7.0~17.2℃/北西風)。
   道沿いに、サネカズラ(マツブサ科)の実が生っていました。遠くからも良く目立つ、艶やかで真赤な楠玉が沢山下がって、鳥達どころか人の眼にも、とても美味しそうに見えました。関東(とされる)~中国南部の照葉樹林等に生育する、雌雄異株の常緑蔓性木本です。葉は長さ数cmで艶があり互生します。8月頃、葉蔭に径1cm程の花を咲かせ、10枚前後の白い花被に包まれ、中央に雄蕊、雌蕊が夫々多数螺旋状に集まります。雌花の花床は結実と共に膨らみ、赤く丸い集合果を作ります。果柄は7cm程にも伸び、単果は径1cm程で、全体では5cm程になります。青葉山では、車道沿い等に見られます・・・
サネカズラ 曙杉の見える坂
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオハダ(青膚、青肌)の果実
2018/12/04(Tue)
 きょうは雨後曇って、時々晴れました(8.4~14.9℃/西北西風)。
森の道端に、アオハダの実が落ちていました。誘われるように見上げれば、赤い実がたわわに生って、短枝上ではささら飴や林檎飴の様にも見えました。北海道~九州の、山地の主に明るい落葉広葉樹林中に生育する、高さ10‐15m程の落葉高木です。雌雄異株。幹は灰白色で樹皮の外皮が薄く、内皮が緑色で容易に判別できるのが名の由来。5-6月に緑白色の花を咲かせ(花弁4、雄蕊4)、9-11月に径7mm程の赤い果実を付けます。若枝は無毛で長枝、短枝があり、長枝では葉は互生し、短枝では数枚が輪生状に付きます。青葉山では、林内で普通に見られます・・・
アオハダ 檜の木立と紅葉
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シナノキ(科の木、級の木、榀) の黄葉
2018/12/03(Mon)
   きょうは、晴れ時々曇りました(3.4~14.0℃/北北西風)。
  道沿いのシナノキ(シナノキ科)の大木が、黄葉していました。黄檗色の落葉に気付いて見上げると、樹冠一杯に、黄金の短冊が輝いていました。北海道~九州の山地に生育する落葉高木で、樹高10~20mを越す事もあります。葉は、先が尖った左右非対称の心型で、縁に鋭い鋸歯があります。殆ど無毛(裏面の脈腋には毛が密集)なのが、近似種のオオバボダイジュとの相違点です。6~7月に黄色い花を咲かせ、柄にヘラ状の葉が付いています。樹皮は「シナ皮」と呼ばれ強靱で、古くから繊維を取ってロープや布が作られましたが、今でも「シナ織りや、アイヌの民族衣装として残っています。名の由来は不明ですが、アイヌ語の「結ぶ・縛る」の意「シナ」が語源とする説等があり、和名は信濃(科野)の語源になったともされています。青葉山では、所所に大木が見られます…
シナノキ 晩秋の晩方
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
ゆきかえる